食物繊維はなぜ大事なの?

スポンサードリンク

野菜

美容にも健康にも食物繊維が大事と言われますが、なぜ食物繊維がこんなにも大事なのでしょうか。

それは、食物繊維には人間の毒素を排出する効果があるのです。

「毒素なんて溜まっていないから大丈夫」と思ったそこのあなた!大間違いです。

人間の60兆個にもおよぶ細胞は、日々代謝をしています。

新しく生まれ変わると同時に死んだ細胞もどうしても出てくるのです。
そんな死んだ細胞の集まる場所が腸なのです。

では、そんな死んだ細胞はどれくらい溜まるか知っていますか?
年間で31~45kgにもなるのです!

ちょっと驚きでしたね。

スポンサードリンク

ですから、日々食物繊維をとってデトックスをしておかないと、どんどん死んだ細胞を腸内にためてしまうのです。

また、腸内に溜まる毒素は死んだ細胞だけではありません。

  • 未消化の食べ物
  • 体にたまった重金属
  • 体にたまった農薬

これらも、腸内で毒素として溜まってしまうのです。
とくに人間の死んだ細胞は、腐敗が始まるので、体内でもっとも有害な毒素になります。

そのために食物繊維を普段から摂取してお家内と、体が処理できないくらいの排泄物が蓄積されていってしまうのです。

そのために腸の働きが悪いと肌荒れるといいますよね。

あれは、新陳代謝を後回しにして腸にエネルギーを必要とするために起こるのです。

食物繊維の種類

食物繊維は、主に水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に別れます。

水溶性食物繊維は、果物、豆類などに含まれます。

不溶性食物繊維 は、野菜や豆、穀物に含まれます。

当然、どちらの食物繊維でも、しっかりとデトックス効果があるので、積極的にとりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す